2024年02月28日

旧サイトが閲覧できなくなったよう……

です。

理由はよく分からず。
うちのサイトだけではないと聞いたので、サクラの仕様変更なのかな。

今のところどうしていいか分からないので、落ち着いたら新サイトに移すか、これを機に投稿サイトに全部移すか……ですね。

もう脳みそがインターネットの仕様変更についていけてないので、今のサイトが同じ目に遭う前に、投稿サイトに移行した方がよいのかもしれません。

悩ましい。
posted by 石田累 at 20:38| Comment(0) | サイト更新などのお知らせ

2024年02月23日

近況報告

今日、半年ぶりくらいにパソコンの前に座っています。

こう書けば、半年なにもしていなかったように思えますが、
この半年くらい、……いや、夏からこんな感じなので、もう7、8ヶ月になるかな。
視力の急激な低下で、パソコンで作業することが困難な状況になっておりました。

24インチのディスプレイなのですが、その広さにもう視力が追いつかず、175倍くらいに文字を拡大してもなお読みづらい……と書けば、どれだけひどかったか想像できるでしょうか。

それでも仕事があったので、パソコンは諦めて、10インチのiPadで執筆していました。
iPadのいいところは、いくらでも拡大できるところなんですよね。
慣れるまで大変でしたし、俯瞰で文章を見ることができないので、作業スピードは格段に落ちましたが……。

原因が判明するまで、色々ありまして……それは、医師の誤診もあったり、私が現実逃避をしていたのもあったり。
とにかく怖くて。
先月見えていたものが、もう見えなくなっている恐怖。
先月はこの距離ではっきり見えていたのに、たった1ヶ月でもう見えなくなっている。
このまま失明するんじゃないか、そうなるともう小説書けなくなる以前に、どうやって気持ちを前向きにもっていっていいのか分からず、ひたすら現実を見ないようにして、その日その日にしなければならないことだけやって、誤魔化し誤魔化し12月まで生きてきました。

が、12月にこれはもうどうにもならないというところまで視力が低下し、いつも行く眼科とは別の医者に診てもらったところ「白内障では」と言われました。
そうなんです。私自身も視力の低下は白内障のせいだと思っていたのですけど、6月にいつもの眼科で手術を相談したところ、
「まだ早い」「原因は目のつかいすぎ」「だたの視力低下」「別の原因があるんじゃないか」と言われたんです。信じられます?
その医師の誤診? にも色々事情がありまして、後で考えれば、そんな風に診断されたのも無理はないと思いましたが……。

とにかく、医師によって言い分が分かれてたので、白内障の手術に踏み切るのにも、結構な勇気がいりました。
これで決定的に見えなくなったらとか、手術しても改善しなかったらとか、ずっと不安で。
が、今パソコンの前で作業しているのが結論で、まだ右目だけの手術ですが、見違えるように見えるようになりました。
正直、この作業に眼鏡がいらないくらいです。
びっくりです。眼鏡に詳しい人にはこの異常さが分かるかもしれませんが、私が最後にかけていた眼鏡の度数は20。
眼鏡屋さんから、これ以上高い度数のレンズは日本で作っていないと言われたくらいなんですよ。
その眼鏡をかけても、見えるのは両目で0.3か0.4。10センチ離れるとスマホの字も読めないくらいだったんですけどね。
それがかけなくても見えるようになるなんて……。

とはいえ、来週に左目の手術が待っており、まだ全部が終わったわけではないのですが。

そんな感じです。

正直、ホームページの更新作業なんて出来るような状況じゃなかったので、サイトはこのまま閉じようと思ったこともありました。
また、落ち着いたら、おいおいやっていきます。

今は久々に、文章を綴るのが楽しいです。

では。






posted by 石田累 at 09:06| Comment(6) | サイト更新などのお知らせ

2023年09月03日

暑いですね〜

暑いですね。
一体いつ、この酷暑が終わるのでしょうか。

随分と久しぶりになりましたが、ひとまず元気にしております。

この4月からフリーになった……にも関わらず、正直、7月以来、ただ無為に日々を過ごしている感じです。
それには色々な事情がありまして、まこと、心身ともに健全でなければ自分の内面と向き合う作業(小説)に没頭するのは難しいと悟った次第であります。

ただ、当時自分を悩ませた諸処の出来事は、解決こそしませんがようやく自分の一部として心底に定着し、ようやく平常心を取り戻せたという感じ。
かみ砕いて言えば、たとえば突然花粉症になったとして、それがようやく自分の個性のひとつとして受け入れられたというところでしょうか。種々の制約や煩わしさはあれど、それが平常として定着したというところです。
あ、ちなみに全く命に別状のない次元のお話なので、深読みはされないように。

それが8月後半……お盆明けあたりのことです。
今はようやく本が読めるようになって、これは私がスランプを抜ける時のいつものパターンなんですけど、ねちっこい文章表現の多い本を読む……ことによって文章を書く耐久力がつく……ことによってなんだか書きたくなる、という流れです。

さて、今回は特に書くこともないので、そんな感じで私が最近読み、著しく創作意欲をかき立てられた作品を紹介します。

●江戸川乱歩
虫、影男、地獄の道化師、悪魔の紋章
●ラブクラフト
ダンウィッチの怪、宇宙からの色

とにかく世界観のつくりこみが素晴らしくて、ある種変態の美学といいますか……一種異様な迫力のある文体に、いつしかどっぷりのめりこんでしまいます。
やっぱ、江戸川乱歩は最高だなぁと思った次第。ちなみにどの作品も以前読んだものばかりですが、私が一番好きな乱歩は「白髪鬼」です。
機会があればぜひ。

posted by 石田累 at 08:33| Comment(0) | 近況報告