2022年11月05日

近況報告

お久しぶりです。
あっという間に11月ですね。

最後に更新してから随分時が経ってしまいましたが、その間、2本の作品を書いてしました。
まだ校正などもろもろの作業が残っていますし、いつ発刊ともいえない(分からない)のですが、今朝、2作目の初稿を送ったので、ようやく肩の荷が下りています。

一作は、かねてから書くと予告していた中華ファンタジーの続編です。
とても好きなキャラを使っての続編だし、すごく素敵なイラストをつけていただいたので、ぜひ早くお知らせしたいです。
詳細は、またはっきりしてからお知らせしますね。

今はまた、違うお話をプロットを提出中です。
どちらも、これから書く予定なので、来年の春まで書いてばかりだなぁという感じ。
とはいえ明日は一日暇なので、年下の上司のプロットを組み直そうと思っています。
このまま締め切りに追われていては、永遠に書くタイミングが回ってこないので、もう平行して書くスキルを身に付けるしかないというか。
そのために、プロットをしっかり作りこんでおこうと思いました。
いったん物語から離れても、すぐ戻ってこられるように。

さて、少し前になりますが、執筆の合間の休憩に、Netflixの愛の不時着を一気見しました。
休憩のつもりが最後まで一気に見ちゃったってことですけど。

ちなみに初見ではなく、二回目です。
初見でも一気見でしたけど、今回もやはり……。
早送りしたエピソードも結構ありますが、逆をいえば、早送りしたくなるほどメインエピソードが面白かったということなのかもしれません。

多くの人が同じ感想を抱いたと思いますが、この物語の面白さは、恋愛じゃないんですよねぇ……。
むしろ美しい男女の恋愛だけではストーリーに吸引力がないことが、再確認できたのかもしれません。
主役の二人のエピソードやシーンは、確かに美しいし最大の魅力ですけど、それも両思いになったとたんにちょっとトーンダウンしてしまう。
だらだら続く会話や、ベタなほど甘いシーンは、ちょっと見ていて苛々しましたかね。
直接的なラブシーンが殆どないっていうのも、原因のひとつかもしれませんが。

一方で、観客は知っているけど、当人は知らないという数々の設定は、すごく続きを見たくなりました。
当人がいつ、どうやってそれを知るのかというのが見所ですよね。
前半のヒロインをとりまく伏線を、後半、どのような形で回収するか。
実は財閥令嬢のヒロインが、雑な扱いを受けていた前半。それを後半、どう巻き返して、周りを驚かせるかというのも、否応なしに期待値を高めます。
特に凝った設定でもなく、全てがある意味ベタなんだけど、そこが恋愛のノイズになってなくて、むしろいい、みたいな。
すごくよく練り込まれたストーリーですよねぇ。
とはいえ、サブキャラのエピソードは今回も飛ばしちゃったんで、あの人がなんで死んだのか、今回もよく分からないままでしたが(笑)

もうひとつ、これは漫画の話ですが、ピッコマで毎週更新を楽しみにしていた二作が、それぞれ別の形で、いったん終了しました。
一作は最終回……とてもよかった。
もう一作はピッコマあるあるの休載です。

最終回したのは「愛を運ぶトラクター」というボーイズラブです。
冒頭のシーンが私の描いた「神主様」(タイトル出てこず……)のシーンと全く同じだったので、「ええっ」と焦りながら読み始めたのがきっかけです。
あ、間違ってもパクられたと思ったわけではなく、私がパクったと思われたら嫌だなと思って。
まぁ、それはただの自意識過剰で、ただのよくある展開ってだけの話なんですけど。

大して面白いと思ったわけじゃないんですけど、なんとなく続きが気になり、どっかの時点で課金するようになり、最後あたりは一番ホットな作品になってました。
前半は、プラトニックな話なのかなと思ってたら、後半、その期待をいい意味で裏切られたのがすごくよかった。
前半の長すぎるためが、後半の課金につながりましたね。
すごくよかった。多分、何度も読み返すと思います。

もう一作は、「24/1ロマンス」なんですけど、こちらは休載。
バリキャリヒロインと、ちょっとドジなイケメン部下が、一日に一時間だけ心が入れ替わる物語。
一時、私の中で最もホットな作品だったし、毎週更新を楽しみにしていたんですが、正直、休載になった時「やっぱりな」と思いました。
二人の恋愛が一段落した辺りから、多少なかだるんでいたんですよね。
しかも、回収できてない重要な伏線がいっぱいあって(むしろひとつも問題が片付いてない)、この中だるんだ状況で、どう伏線を回収するのか……私だったらお手上げかもという感じでした。
やっぱり物語の核心となる伏線の回収は、主役二人の関係性のクライマックスと合わせた方がいいわけで。
最初に二人の関係性が、ある意味「クライマックス」になったため、こっから先、どうラストまでもってくのかなぁと、ある意味興味津々で読んでいたところでした。
個人的にはそれをどう片付けるのかが非常に興味深く、再開が楽しみです。

そこまでが少し前の話で、最近では「チェンソーマン」にはまってます。
いやぁ、この年にしてまさかのジャンプアニメという感じ。
一話で心臓を奪われて(物語にかけてますが)、コミックスを即購入。
本当になんというか、色々、びっくりした作品でした。
命がやたら軽くて、それがむしろ美しく感じるというか……。
その流れで、話題になっていたものの全く関心のなかった「呪術回戦」と「鬼滅の刃」も観てみました。
やっぱり、巷で人気のあるものは確実に面白いんだなと思って。

鬼滅はあまり私には合わなかったな(笑)
でも呪術回戦は面白くって、YouTubeなどでたまに目に飛び込んでくる「五条悟」がいかに破壊的なキャラなのか、本当によく分かりました。
うわぁ、かっこいいわぁ
誰かとこの気持ちを共有したいけど、さすがに恥ずかしすぎる。
そもそも知ってる人が私の周りにいるかどうか……
と、思っていたら、何年かぶりに会った一回り以上年下の友人が、私が何も言わないのに
「五条悟、いいですよねぇ」と話し出したので、「それよ!」とめちゃくちゃ相づちをうってしまいました。
向こうは引いたかもしれません。





posted by 石田累 at 14:31| Comment(0) | 近況報告

2022年06月07日

年下の上司番外編終了

おはようございます。

本日、番外編の連載が終了しました。
次がいつになるか分かりませんが、そんなに遅くならないうちに本編連載を再開したいのと、このウェブサイトをなんとかしないと……と思っています(笑)

さて、番外編です。

こちらは、何度か目の再読をしていた時に気づいた矛盾……というか疑問を、自分で解くために書きました。
たとえば、本編4月のラストシーンですが、
心の中で素敵だと思っていた人にとてつもなく落ち込んでいる時にいきなりの……という展開。
これは、私の世代の恋愛漫画では定番のシチュエーションです。
が、今読むと、うーん…………セクハラじゃないかな・笑
相手がイケメンじゃなかったら?
果歩的にはそれでよくても、その当時果歩に好かれている自覚がなかったはずの藤堂は何故そんな真似をした?
などなど、ちょっと眉をひそめてしまいました。
その他にも、春日がひどすぎる問題とか、流奈と藤堂の間に起きたことがほぼ書かれていない問題とか、晃司後半と前半のギャップありすぎ問題とか。

私的解釈では、それは矛盾ではなく・笑、書いている内に都合良くキャラ変したのでもなく・笑
何か理由があるはずだけど、それが表に出ていないだけに違いないと。
だったらその理由を書くしかないと。

なので本作は、創作というより謎解き気分で楽しく書けました。

一行一行丁寧に読み込みながら、登場人物の感情の底にある謎を考える解き明かしていく過程は、とても刺激的で面白かったです。

以前もお話したように、本編はこれから藤堂視点になるのですけど、藤堂という人をより深く理解することもできました。

てな感じです。

最後のエピローグは人によっては蛇足でしょうけど、私はあれを書いて、晃司がちょっと可哀想になりましたね……。
きっと、復縁できると信じてたんだろうなと。
今回、別の意味で非常に嬉しかったのが、もう二度と書くことがないと思っていた晃司を再び書けたことですかね。
私も怖くてやりたくないのですが、その後の彼を書くのもありかなぁ…………と、ちらっと思ってしまいました。



posted by 石田累 at 04:57| Comment(2) | サイト更新などのお知らせ

2022年05月21日

藤堂瑛士の4月

お久しぶりです。

といっても、つい先日、あんまり面白かったのでついシンウルの感想をアップしたのですが。
もう1回くらい観に行きたいな〜

さて、年下の上司を久々に更新しました。
ホームページビルダーを起動して気付いたのですが、9月が最終更新日だったのですね…………
いやもう、大嘘つきですね、私。
当初のプランでは、遅くとも今年のはじめには完結できていたはずなのに。

なんていうのかなー……。
先日たまたま観たユーチューブで、完結できない長編漫画の特徴みたいな話をどなたかがされていて、
「作者の頭の中にはもう完結までの筋はできている。では何故完結できないかというと、そこに至るための膨大な量のエピソードを書かなければ終われない状況になっている」
って、まさに私もそんな感じなのです!

書けば書くほど、「あれもあった」「これもあった」「ああするためにはこうしなければ」が出てきて、終わるに終われないという……。
決して趣味で長引かしてるわけじゃないんですけど、もういっそのことどなたかが提案されたように、ライフワークみたいな感じで死ぬまで書き続けようかな・笑

むろん冗談ですけど、今回「藤堂瑛士の4月」を書いてみて、それも冗談じゃなくなるかもしれん、と思いました。(今の時点では冗談です)
もう書き漏らしてることがありすぎて……
深く書き込もうと思えば、永遠に書けるわ、これ。
と思いながら書きました。

内容的には、時折ご指摘いただく、「藤堂は何故そんなに果歩が好きなの?」という疑問にお答えする……
自分でもそのあたり一度整理しておきたい、と思ったのと。
最終章はここからほぼ藤堂視点になるので、その前に彼の気持ちや思考回路を作者自身が理解しておく必要がある――ということから書き始めました。
というか私、男性視点の小説ってあまり書いたことなかったんで、藤堂視点で書きすすむことの不安もあったんですよね。
そういう意味では、今回思うような形で書けてよかったです。

で、もういっこ打ち明ければ、私は年明け以降もう気持ちがぽっきり折れてしまって、何も書けなくなりました・笑
正直、もう再起できないだろうと思っていた時期もあったので、今日ツイッターで更新告知できたことに、心からほっとしております。
「書く」のハードルと、「ホームページビルダーを起動する」のハードルは越えたのですが、「告知する」っていうのが、結構心理的ハードルが高かったので、なんとなく先延ばしにしていたら、掲示板に書き込みがあったので、それに後押しされるようにするりとできました。

長期休載しているにもかかわらず、掲示板に書き込みをいただいた皆様、本当に感謝です。

そんなわけですので、しばらくの間おつきあいいただけますと幸いです。




posted by 石田累 at 13:40| Comment(3) | サイト更新などのお知らせ