2020年12月31日

年下の上司を振り返るG【年下の元カレ】

おはようございます。
2020年もあとわずかですね。

この切りのいい年が、まさかこんな1年になるなんて、昨年の今頃は想像してもいなかったな。
でも、でも、あえていいます。
いい年でした。
いい年にしました・笑
これまで取りかかれなかったことに全部取りかかることができたから。
これから目指したい目標もできたから。
近年では一番いい年でした。

さて、第8回です。
年下の元カレは、最初読み返した時、ちょっと分かりづらいかなと思ったんですけど、
あえて――最小限の修正にとどめておきました。
まぁ、その分かりづらさがいいかなと思って。

このお話は、前作「もう1人の年下の上司」のサイドストーリーみたいな感じになっています。
その中で、時折妙なタイミングで出現した晃司が、何を考えていたのかというお話。
同時に、晃司が恋のリベンジを決意するきっかけの話でもあります。
そこに、過去の恋人がからんだサスペンチタッチの事件が同時進行で起こり……みたいな。

まぁ、晃司というキャラの深掘りですね。
どうしてあんなひどいキャラになったのか、何か理由があったんだろうという。
理由っていうより、誰に対してもそうでした。それで過去に痛い目にあってますってオチですけど。

実は、この作中で、晃司と果歩のなれそめが書かれているんですけども。
新サイトに移動後、そのシーンだけさらに改稿を重ねています。

今、書いているところと若干辻褄があわない感じになりそうだったので、それに合わせて、少しテイストを変えました。
まぁ、これ書いてる時点で、さすがに最終章までイメージしていませんでしたからね。
次の話になりますけど、果歩のもう1人の元彼のデザインも、この時点で全くできてなかったですから。

こっから先の晃司は本当にいいやつで、応援したくなります。
今日の更新分にも出てくるので、よろしくお願いします。

さて、どなたもよいお年を……
来年もよろしくお願いします。





posted by 石田累 at 08:47| Comment(0) | 年下の上司

2020年12月30日

猫巳屋様について

すみません。振り返るシリーズ、今日はお休みです。

年下の上司……、いまのところそこに触れたコメントはありませんが、イラストを描いていただきました。
すっごく素敵じゃないですか??
あれで、私のモチベーションがどれだけあがったか……想像できるでしょうか。

プロの方――猫巳屋様のというレーター様に、有償でお願いしたイラストです。
構図は、自分の方でイメージして、それを元に描いていただきました。
最初から動画にするつもりでまずイラストを依頼して、動画もプロに依頼するつもりでしたが、
完成イメージが自分の中でなかなか固まらなかったので、身内にプレミアプロを買い与え、一緒に試行錯誤しながら作りました。
自分で操作を覚えて作りたいのが本音でしたが、とてもそんな時間はなかったので、指示だけしました。
とにかく、今年は執筆活動がめちゃくちゃ忙しかったのです。

年下の上司を完結させようと決めたのは、許婚は神主さまを書いていた最中だったか、その前だったか……
細かいところは忘れましたが、コロナ禍が原因です。
これ、私、もしかして感染したら死ぬんじゃない?
リアルにそう思った時、一番やりのこしたことってなんだろうと思ったら、もうそれは年下の上司しかありませんでした。
もちろん他にもありますけど、ひとまず、完成間近で放置していたのって「年下の上司」だったから。
もう最終回のイメージまでできていたのに、あとはそれを文章に起こすだけなのに、それができないままに数年が経っていました。

原因はいろいろあります。
気力……、最終回前に、これまで広げた大風呂敷の全てを回収する気力がなくなっていたのが大きいです。
正直、今、最終章の前半ラスト、まさにその風呂敷を回収する間際まできていますが、きっついなぁと思ってます。ここを乗り越えてもまだ次の風呂敷がまってるし。
長編は、事件を起こしては根本的な問題解決を常に先延ばしにするの連続なので(間違いなく、正しいやり方ではないです)、最終回が近づくにつれ、本当に大変になるんです。
伏線だけでなく、出てきたキャラクターのフィニッシュも飾らないといけないので、そういうのをいちいち書き込んでいたら、話は果てしなく長くなります。
なので、年下の上司もこの先果てしなく長いと思っていてください。

あと、ここ数年の私が、商業誌に全体力を注力していたことも大きいです。
なんていうんだろう、……今の自分から、ステップアップできると思ったんですよね。
実際ステップアップなんだろうし。
でも、なんていうんだろう……、ここ1年で少し自分の考えも変化してきて、今は、ぶっちゃけ、どっちも変わらなかったなと思うようになってきました。
自分の実力不足もあったのかもしれないけど、仮に実力と人気があったとしても、同じ結論になってたような気がします。
そこに報酬が発生するか否かだけの差だろうなって。
何を目的に、何に重きを置いて書くかだと思いましたね、ここから先は。

と、それはさておき本題に戻ります。
お金を払ってイラストを依頼したのは、私には初めての経験で、実をいうとすごく迷いました。
昔の私の感覚でいえは、無償公開するウェブ制作にお金をかけるなんて、ちょっと考えられなかったので。
なにしろ全部無償のものをかきあつめて作るのが、正しいやり方だと思ってましたから・笑

アフィリエイトで回収する手もありますが、昔はいざしらず、今回はおそらく無理だろうと思いました。
アクセス解析をしていないので定かではないですが、一体何人がこのサイトの存在を記憶しているのか。
今のウェブ小説事情に必ずしも詳しくはないですが、主流である小説投稿サイトは、実験的にしか利用したことがなく、実感として「したところで……」だったからです。
その中で、お金をかける意味なんてあるのかと。

いろいろ省略しますが、結論として意味はある、です。
めちゃくちゃある、です。

理由は、私が自サイトの完成度にこだわりたいからです。
それによって、少しでも多くの人に小説を読んでもらえる環境・きっかけを作りたいからです。

結論にいたる筋道として、創作活動の報酬に自分が何を求めているかによると思います。
私の場合、突き詰めて考えるとそれはお金じゃなかったので、費やした分のバックがなくても、全く問題ないのだと気がつきました。
もちろん無理をしてまで出費するつもりはないし、生きていくためのお金や、創作活動には維持費や材料費なども必要ですけども、幸いにも私には印税収入があるので、少なくともそれを自分のやりたいことに使えるんだと、今さらながらに気付いたんです。
てゆっか、そのために使わずに何に使う。

私の今の野望は、もうすっかり惚れ込んでしまった猫巳屋さんに、あと二枚、年下の上司のイラストを描いてもらって、今後新サイトに移行する作品のイラストも全て描いてもらうことです。
結構な量になるし、もちろん、引き受けていただけなかったらそれまでなんですけど・笑

ただ、今お仕事がお忙しいそうなので、新規オーダーを受け付けられておられない状況なんですよね。
で、ここからが本題なのですが、年下の上司、どうしても次のイラストの完成を待った上で、……そうですね、少なくとも最終章第一部の中盤以降をアップしたいので、それに合わせて更新スケジュールを少し遅くするかもしれません。

また進捗をご報告します。





posted by 石田累 at 22:23| Comment(0) | 年下の上司

2020年12月29日

年下の上司を振り返るF【もう一人の年下の上司】

こんにちは。

第7回です。

さて、ここまである意味無敵?(そうでもないかな)のチートヒーローだった藤堂ですが、
物語の展開の必然として、ここいらで、藤堂単体では太刀打ちできない敵キャラを出してくる頃合いだろうと思いました。

まぁ、恋愛小説なので、そこで刺客をだすわけにもいかず、入江耀子の登場です。
しかしまだ、敵キャラの度合いとしては雑魚レベルであり、その裏にさらに何かの存在がある……
的なものを匂わす程度にとどめておくべきでしょう。

もう一人の年下の上司の上司は、そういうコンセプトで書きました。

あと、これも長編あるあるで、脇役一人一人にスポットをあてていきたいと、そういう思いもありましたので、この回は流奈に焦点をあてて、入江さんと絡ませる展開にしました。
内容的には整形とかイジメとか……
そこは正直、安っぽい展開だったし、あまり深掘りしたくないテーマでもあったので、さらっと、でもできうる限り残酷に書いたつもりです。
流奈はそれまで本当にいやな女だったので、そこまでしないと清算できないだろうと思いまして。

この回くらいから、●物語全体の展開を見越してのコンセプト、●脇役に焦点をあてる、●二人の恋愛の進展。
この三つを、章のテーマであるエピソードに絡めて書く。
というミッションを明確にしつつ、一章一章書き始めるようになりました。

これ、結構めんどいです。頭の中は常に錯綜状態で、だいたい何かが片付かず、次章に答えを持ち越す形で続くになります・笑

初恋夫婦をいつ頃から書き始めたか忘れましたが、あれは、年下の上司で培ったやり方を最初からもってきていたように思います。(だから早くギブアップしたのかもしれない)
というか、当時書いていた一話読み切り長編は、全部こんな感じで作ってたんじゃないかと思います。

なんていうんだろう。上手く言えないけど、三重か四重くらいの要素を盛り込んで、それをひとつのテーマにからめて処理するという書き方。

それが、いいことなのか悪いことなのか……まぁ、悪くはないけど、恋愛小説としてどうなのかという点に関しては、読者様にゆだねるしかないのかなと思います。

というのも、最新刊の「許婚は神主さま」の感想をネットで拾い読みしているのですが、
「複雑」。「おなかいっぱい」(きっといい意味)。「違う話を三つくらい読んだ気分」(きっとこれもいい意味)。「頭をフルに使って何回も読み返さないと意味が分からない」(いい意味……ではないかもしれない)。
というものをチラチラ見てしまったのです。

これについて!

私は実は、ものすごくびっくりしたのでした。いや、これはマジで。

というのも。

「許婚は神主さま」は自分比で言えば、これまでで一番処理が簡単で、最速で書けた話だったからです!
担当さんにも、「石田さん、成長しましたね」(しみじみ)
と、その設定の簡単さを褒めていただいた話だったのです。これマジで。
なのに、どのあたりが複雑だった??

自分の感覚って、もうあてにならんな、と思いました。

あと正直、向いてないのかなと、今度こそ本気で思いました。
あー、でもトミーをもうちょっと深く書き込みたかったなぁ……。
本当はもう少し見せ場があったんですけど、ヒーローが霞むという理由で、全カットになったんですよね。
担当さんの賢明な判断です・笑










posted by 石田累 at 14:21| Comment(0) | 年下の上司