2022年01月02日

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします。

大晦日から今日にかけても、また映画を色々観てしまった。

ドントルックアップ/軽いのに重い。後味が悪いのに良い。不思議な映画。人類ってこうやって滅びるんだなと思った。自分だったらどうするだろう。自殺するかも。
天空賜福/中国のアニメ……? ストーリー、いまひとつ分からず。なんとなく美しかった。
三蔵法師・玄奘の旅路/なんのために誰がつくった映画かもわからず、最初はドキュメンタリーかな?と思いつつ観はじめたら、不思議に面白く最後まで観てしまった。映像が美しい。古代中国から砂漠の光景が壮大で美しかった。ストーリー性はほぼなく、最初に出てきた謎の大学生の意味……? クレジットの途中で視聴をやめたので分からずじまい。分かってもあまり意味ないかなと思った。とにかくあの当時の旅が本当に大変だってことだけはよく分かった。
悟空伝/二度目の鑑賞。一度目は寝てしまったが、また寝てしまった。これ、本当に面白いと思って作ってんのかな……? という感じの謎のテンションが初見から謎だったが、今回、シャウシンチーの西遊記の影響なのかもと思ったら納得できた。シャウシンチー監督の作品も、滑るのと面白さが紙一重なので、それがひたすらすべりまくってる感じ。シリアスに徹すればまだ映像的に見られたのに。残念。
西遊記2/これはもう何度目かの鑑賞。毎回寝る。今回も寝ると思ったら案の定寝た。不眠時にお薦め。しかし今回は初めて面白さが分かったというか、ストーリー的にはそう悪くないないと思った。初めて思った。
初回のキャストのままで何故製作しなかったのだろう。あのキャストでやっていたら結構面白かったのかもしれない。もう二度と初回キャストで見られないと思うとつくづく残念。
ドラキャラ0/ルーク・エヴァンスを観るだけで価値がある。ただただ美しい。それだけ。
ラブ、デスロボット/Netflixオリジナルアニメ。SFのアンソロジーみたいな。私的にはマッチ率100。どのストーリーも見所があるが、特にシーズン2の最終話「溺れる巨人」とシーズン1の「グッドハンティング」が面白かった。

今はとにかく古代中国関連の本や映画を探しては読んだり観たりしている感じ。今書いている小説の舞台なので。
で、寝る前にだけ、興味のある映画を観ています。
でももうさすがに見尽くしてしまった・笑

posted by 石田累 at 07:51| Comment(2) | サイト更新などのお知らせ
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます。
昨年は複雑な気持ちになるニュースもあり、
またコロナ禍で制限された生活だったので、
気分も暗くなりがちでしたが、
年下の上司のおかげで、
楽しく過ごす事が出来ました。
ありがとうございました。
今年も続きを読む事が出来たらいいなと思っています。
累さん、本年もよろしくお願い致します。
Posted by ミルクティ at 2022年01月04日 20:40
ミルクティさん

あけましておめでとうございます。
遅くなりましてすみません・汗

今年は完結できるよう頑張ります
Posted by 石田累 at 2022年01月09日 04:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: