2022年05月14日

シンウルトラマン観た(笑)

正直、シンゴジラのクオリティを期待していたので、最初の数十分くらいは、「やばいものを観ている」感がすごかったです・笑

でも、どっかの時点で、「あ、これは子供向けのウルトラマンなんだね」と頭を切り替えてからは、楽しかった。

なんていうんだろう、ウルトラマンと怪獣のフォルムがかっこよすぎる!
(SFファンですけど、特撮ファンではないです・念のため)
話のテンポもよく、面白い怪獣が次々と出てくるので、あと2時間くらい観てたい感じでした。
あっという間の2時間。

運の悪いことにその数日前にパシフィツクリムを見返していたので、最初こそ「シン……」の映像のしょぼさやメイン4人の演技に「やばい……」「悪い意味で日本映画だった」と思ったものです。
が、最後まで観て思ったことは、パシフィックリムで感じた物足りなさが、いい意味で埋められたなということ。
怪獣の出現がバラエティに富んでて、そのキャラが立ってたことが要因でしょうか。
とにかくメフィラス星人が最高でした・笑
でもその分、人間関係の描き方が、パシリムより薄っぺらかったように感じます。あくまで個人の感想ですが。

余談ですが、かなり早く映画館に入ったので、夏の映画の予告編をうんざりするほど見せられました。
もう記憶が曖昧だけど、多分ほぼ日本映画。
正直、キャストやテーマのどっかで観た感だけでお腹いっぱいで、どこかで聞いた決めセリフの波状攻撃に、さぶいぼが立ちそうでした。もうそういうものを素直に楽しめない歳になったのねと、寂しくなってみたり。
で、最後がキングダムの宣伝で、「あー、もう勘弁して……」と半目になっていたら、そこにミスチルの主題歌が被さってきて、「あれ、もしかしていい映画かも」とちらりと思ってしまいました。
結論、ミスチルの歌は、作品を5割増しよく見せる・笑




posted by 石田累 at 12:52| Comment(0) | サイト更新などのお知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: