2020年07月12日

4回転ジャンプは何故難しいかC

最終回です。
例によって、4回転ジャンプは脳内変換でお願いします。

対策……の前に、何故このような対策が必要だと思ったかを書きます。
仮説ででてきた、恥ずかしいと嫌悪感。
これを払拭するためです。
逆にいえば、最大の原因である複雑すぎる――ということに関しては、
これはもう書く量を増やしていくしかないなと、
アウトプットの機会を増やして経験値を上げていくしかないということです。

最初の頃に書きましたが、ジャンプを飛ぶとき、私は大抵の場合、動揺してます・笑
心技体のうち、心が乱れている。
心を水のように冷静に保つにはどうすればいいか?
それもまた経験値を上げることだとは思うんですが、それ以外の方法で冷静さを保つためには?

慣れかなと思いました。
そういった過激なシーンに慣れて、多少のことでは動じない心を育むこと。
なんか色々間違った心の育成方法のような気もしますけど、まぁ、それはそれとして。

以来、私は毎日、4回転ジャンプが描かれた本を読んでいます。
毎日、隙間時間があればそこで必ずKindleを開き、ものすごく真面目な顔で読みふけっています。
マーカーを引いてメモをとり、もう何冊買ったかな・・
あまりにまずいタイトルが多いため、初めてKindleにロックをかけました。
ちなみにTLじゃないです。年配の男性が読むものです。
最初は嫌悪感が半端なくて、もう無理だわ、と何度も思いましたし、ジャンルによっては今でも無理で、金返してほしいと、読後感に怒りにふるえるものもあります。
でも、思ってたより、気楽に読めるものもあります。
女性が書くものの方が案外えげつないな、これはボーイズラブの延長だからだろうかと思ったり、男性が書くものの方が女性賛美に満ちていて、まぁそれはそうだなと思わされてみたり。
でも明らかにこの作家さんミソジニーなのかなと思うものもあって、それはちょっと、本気で私には無理ですね。
ただ、結局こういうことの好みって千差万別で、何が正解で何が駄目とかない世界なんだなと改めて思ったりしました。
ひとつひとつレビューを書いてもいいんですけど、まぁ……やめときます・笑

今日の時点で、それは二ヶ月くらい続いておりまして、今どうなったかと言いますと、

水の境地を得ることが可能となりました。

だからといって、いいものが書けるかといったら必ずしもそうではなく、冷静になりすぎても駄目なのが4回転ジャンプの難しいところなんだと思いますけど、それは別の問題として。
何がよかったかというと、執筆のスピードがものすごく速くなったということです。
水の境地がもたらす効果は、スピード感のアップでした。
これは結構大きいです。

そんなわけで、4週に渡って連載してきましたが、ま、……結果、誰にでも思いつく対策だったという・笑
大したことない内容ですみません。

posted by 石田累 at 08:24| Comment(0) | 日記

2020年06月07日

自粛期間中にやってたこと

お久しぶりです。
緊急事態宣言はひとまず明けましたが、相変わらず家にいる日々を過ごしています。
やっぱり、家が一番ってことで。
というより、だいたい週末は家で小説を書くか映画を観たりしているので、ぶっちゃけ自粛期間中も、普段と何も変わらなかったんですよね。
私のような仕事(趣味)をしている人は、たいがいそうだったんじゃないでしょうか。
心配なのは、ますます加速する運動不足とみるみる駄目人間になっていく大学生の息子です。

その自粛期間中ですが、私はともかく、何もすることがなかったのが主人で、そのせいかずーっと自転車のメンテナンスをやってました。自分の自転車、息子の自転車、私のは飛ばして自分のバイク。その間、家に次々とパイクやら自転車の部品が届くんですよ。その後は庭の草むしり。台所の掃除……。
いやー、見るからに充実してましたね。
そこで私も何かしなければと思いたち、いきづまっていた小説から逃避したいのもありまして、小説を書くための環境を充実させることにしました。

まずは、ずっとやろうと思いつつ、設定やら何やらが面倒で後回しにしていたマルチディスプレイの導入!
ひとつの画面で小説を打ちつつ、もうひとつの画面で調べ物をするという、なんかめっちゃ効率的じゃないですか。
これまで調べ物はiPadかiPhoneでやっていて、もちろん印刷できないので、そのページをアプリに保存したりして対応していたのですが、ちまちまタップして打つのが、結構めんどかったんですよね。
で、色々調べた結果、評価の高くてリーズナブルな23インチのディスプレイを買いました。
――が、説明書が一切ない? あったかもしれないけど、ちっちゃい英語で何書いてあるか分からない状態。というか、それが説明書かどうかも分からない。

仕方なく付属のケーブルでつないだものの、どうスイッチを押しても接続されない。
で、色々調べたところ、私のパソコン、外部出力ができないタイプのやつだったんですよね・笑
その後は変換ケーブルを買ったり、ディスプレイの音が殆どでないことを知ってステレオを買ったり、画面がまぶしすぎるんで明度を落とす方法を調べまくったり、色々買ってたらUSBの出力穴が全部なくなったんで、慌ててハブを買い足したり。
私、結構な機械音痴なんで、いちいち調べないといけなくて、全てがスムーズにいくまで、本当に大変でした。で、導入してはみたものの、案外使わないなっていう・笑
特にステレオはいらんかったですね。映画でも観られたらと思って買ったんですけど、小説書きながら、このサイズで真横で映画なんてとても見てられないです。

でも私、がんばった。苦手なことを一人で調べてやりきった。
と、旦那に言ったら
「相変わらず自分のことしか考えてないね」
と、冷ややかに言われました。

そうっすね。
旦那さんが家のことやってくれるんで、今日も一日、がっつり小説を書けています。







posted by 石田累 at 20:59| Comment(2) | 日記

2020年03月29日

大変な時代に思うこと

福島第1原発事故が起きた時、今の私より5、6歳くらい年上の先輩が、
「まさか自分が生きている間に、こんなことが起こるとは思わなかった」
と、呟いたのをよく記憶しています。

その時の私はまだ若く、そんな風には思わなかったけど、今その人の年齢とちょっと近くなったせいか
心の中では驚天動地の思いと共に呟いております。
「まさか自分が生きている間に、映画みたいなパンデミックが起こるとは思わなかった」

もちろんこれまでも、新型インフルエンザとかSARSとか、恐怖を感じることは多々ありましたけど、
今回はケタが違うといいますか…
それが時代のせいなのか、ウイルスの質のせいなのかは、後の分析で明らかになるのでしょうが。

あ、でも正確に言うと、「起こるとは思わなかった」というのは間違いですね
いつ起きても不思議ではないことを認識しつつも、「起こらないだろう」と楽観していたといった方が正しい。
新型が流行り始めた頃、色んな最悪の状況を想像して恐怖に震えましたけど、その最悪の状況ではないことも確か。
私にとって、この手のことで最も恐ろしかったのは、エボラの時です。
その頃は毎日whoのサイトをチェックして、恐怖に震えていましたからね。
それでなにも手につかなかった。今から思えばアホみたいですけど。

恥ずかしながら、妄想力がたくましすぎる私は、原発事故の時、将来を憂いすぎて全く小説が書けなくなりました。
当時、web作家何人かでボランティアで小説を出そうみたいなお話があって、私にもお声がけいただいたのですが、全く書けずにお断りしたことがあります。
その頃の私がどれだけおかしかったかと言えば、食事がとれなくなって、体重が激減。
眠れずに毎晩明け方まで韓国ドラマを見てました。
私がノイローゼっぽくなったので、家族も、家ではニュース系のテレビを一切つけなかったくらいです。
でも、これまた今にして思えばですけど、私の過剰な不安と、結果的にそれが杞憂だったことの分かれ目は、まさに紙一重だったわけでして。
ちなみに私がなにを想像して怯えていたかといいますと、東日本に人が住めなくなる事態です。

ただ、こんな風に毎度毎度不安に押し潰されてきた過去を振り返って思うのは、
「私が不安に思おうが思うまいが、世界にはなんの影響もない」ということ。
つまり、何も変わらないなら、不安に思わず生きていくのが楽だってことです。
言葉を変えれば、「世界がどうなろうと、私にはなんの影響もない」とも言えます。

もちろん物理的にはあると思います。
コロナに関して言えば自分や家族が罹るかもしれませんし、仕事にも多大な影響が出るでしょう。
今想像している以上の悲劇に見舞われるもこともあるだろうし、
世界不況でこれまでの生活の何もかもも変わってしまうかもしれない。
何もかも楽観せずに、正しい知識を常に更新し、その時に備えておくのはとても大切なことだと思います。

でも、私という個人のパーソナリティは、そこに影響を受けずに生きていくことは可能だと言うことです。
いや、そうありたいと願って、今日も自分のできることを精一杯やりたいと思います。











posted by 石田累 at 06:16| Comment(3) | 日記