2021年07月04日

準備完了!

おはようございます。

久々の更新作業で緊張したなー。
イラストレーターもなんですけど、ソフトを久しぶりに使うと、色々忘れてて困る・汗

YouTube動画も、色々マスターしたつもりだったんですけど、この一ヶ月何もしてなかったのでもうすっかり忘れてます。相当時間に余裕がある時でないとできないと思うと、やっぱ難しいかなぁ。
でも予告動画は一本作っとくと告知する時に本当に便利ですね〜

というわけで、後は午後1時にアップロードするだけとなりました。
更新頻度は、……気分ですかね。
そんなにストックもないので。
かといって、引き延ばす理由もない(これまでは本の発売日とかに合わせてました・笑)ので、なんとなくやっていきます。

近況報告を少しすると、この一ヶ月は次作に備えた情報収集を主にやってました。
まぁ、漫画読んでたんですけど・笑

その漫画、ちょっと前はめちゃコミほぼ一択、時々シーモア、その中でめちゃ面白いと思ったらKindleで巻買いして、さらに好きだったら紙で買うという流れだったんですけど。
なんだろう、今は電子部分がピッコマほぼ一択になってしまいました。
ピッコマでつい読んじゃって、あれ、これ案外面白いなと思ったらめちゃコミで最終話を確認(月額課金しているのと単価自体はめちゃコミが安い?ので)し、結局ピッコマで待てば無料も含めて全話買ってしまう流れですかね。
めちゃコミで最後まで課金してしまうパターンは、もう殆どなくなっちゃいました。数作お気に入りがあるのでそれだけは出れば買ってますけど、新規開拓はもうあまりないかな……。あっても最後まで全話買うことはまずなくなりました。

その理由なんですけど、レビューじゃないかなと思ったり……。
めちゃコミはレビューがすごく充実していて、まぁ、それが読んでみる契機にもなるんですけど、逆に読まない契機にもなり得るんですよね。
続話が出ても、まずレビュー読んで買う流れができちゃったので、レビューがいまいちだと、まぁ、今回はスルーするかなみたいな感じになってしまう。
実際読んでみたら、自分がどう思うかなんてわかんないですけど、なんとなく限られたお金の中で、少しでも得したいという気持ちになっちゃうんですよね。
一方、ピッコマはレビューが一切なくて、読んでみないと分からないというブラックポックス・笑
唯一のよすががサムネなんですけど、色々想像している内に結局買っちゃうんです。
もちろん、あー、買うんじゃなかったと思うものも結構あるんですけど、正直、読んでみたら案外自分にあっていたみたいなのが多いんですよ。
最近ピッコマでめちゃくちゃはまった作品があって、最初は「え、気持ちわる」とか思いながら、惰性で待てば無料分を追いかけている内に「なにこれ、やばい」となり、結局全話買いました・笑
あまりに面白かったんで、他の人の感想が読みたくてめちゃコミに入ると、おうおう低評価の嵐……
殆ど最初の数話無料分でのリタイア組で、その数話分だけで全てがわかったような感想だったんですけどね……。
でも、先にそれ見てたら絶対に買わなかったと思いましたし、そういう意味ではレビューの功罪ってすごいなぁと。ほんと善し悪しですね。
ただ小説はつまみ食いができないので、レビューは必須かなぁと思いますけどね。さすがにピッコマで小説は買ったことないし。

あ、すみません。殆ど年下の上司と関係ない話でした。







posted by 石田累 at 11:16| Comment(2) | 年下の上司

2021年07月03日

明日の午後1時に更新します

こんばんは。

できました。一日だけ猶予をもらって(自分に)、今日できなければ更新は当面見送るつもりだったんですけども、たった今。

最終章、赤い糸の行方の、全部じゃないけどきりのいいところまで書き終えたので、いったん明日の1時から連載を再開します。
ここまで書いての自分の感想です。

ほんと、よくまとめたよね。
またこのパターン?
いつ終わるん?
〇ってマジ最低だな……。
私って本当に〇〇が好きだよね。

以上です・笑
〇の部分に何が入るのか、読み終えた人、当てて下さい。

明日をお楽しみに!
予告動画、ツイッターに再掲するので、よければもう一度ご視聴ください。

あー、でも正直、書けないことですっかり自信喪失状態に陥っていたので、ひとまず書けて本当によかった。
今夜から気持ちを切り替えて別の作品に挑みます〜。
posted by 石田累 at 18:15| Comment(4) | 年下の上司

2021年06月30日

戦い済んで……

ついに六月最後の日を迎えてしまいました。

予告では明日から年下の上司の最終章を公開予定でしたが、

が、

結局書けませんでした。
どこまで書けたかなぁ、分量でいえば、結構書けてはいるんですけどね。
だた、それが全体の中の何%かといえば、30%かなというていたらく。
単純に母数が増えたんですよね。どこまでエピソードいれたらいいのってくらい
いろんな伏線回収作業があって、なんといいますか、風呂敷広げすぎた最終回ってこんなものだなっていう。

危険な上司も似たような状況だったのですが、あの頃の私はあまり作品の質とか考えずに、けっこう雑に書いてましたからね……。
勢いがあればいいやって感じで。
でも近年、商業で色々書かせていただいて、自分の中でも、こういうことはしたくないって線引きが増えてきたのかなと思います。それで結構こだわって書き込んでしまったという……。

まぁ、全ては言い訳ですが、7月からいよいよ別の仕事に取りかからないといけなくなったので、しばらく年下の上司の執筆はできなくなりました。
今書けている分だけでも7月中に公開するつもりで、今、最後のチェックをかけているので、もうしばらくお待ちください。

時系列でいえば、金曜日から土曜日にかけて、2人に起きた出来事になりますかね。

posted by 石田累 at 21:01| Comment(2) | 年下の上司